セレスマム ceres mom

オーガニック・自然派ママ・プレママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン

Kiss the Berryのオーガニックアサイーボウルでヘルシーな朝食&おやつ![オーストラリア・ブリズベン]

Kiss the Berryのオーガニックアサイーボウルでヘルシーな朝食&おやつ![オーストラリア・ブリズベン]

今回はオーストラリア ブリスベンで私がお気に入りのKiss the Berryというお店をご紹介したいと思います。

アサイーボウルというとやはりハワイを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。アサイーは元々ブラジルのアマゾンで収穫されるヤシ科の果実で栄養価が高く美容にもいいということで日本でも女性を中心に人気がありますよね。

ブリスベンではジムに通って日常的に運動をしている人が男女問わず多く、そういった方にも朝食やスナックとして人気のKiss the Berryです。私が子供とよく行くのは観覧車のすぐそばにあって、人口のビーチがあるサウスバンクにある店舗です。景色も良く、子供と遊んだ後におやつとして食べるのが私の定番です。

このKiss the Berryは元々2013年にSarah MillerさんとKeziah Judithさんが始めた毎週日曜日の小さなマーケットから始まっていて4年で3店舗オープンさせました。現在のホームページを見るとSarahさんの名前しか確認できないので現在はオーナーが一人なのかもしれませんが。
二人は元々飲食店でアルバイトをしていた同僚で、当時Sarahさんはまだ若干20歳の大学生だったそうです。旅行先のテキサスでたまたまアサイーボウルと出会い、ブリスベンで自分のお店を持ちたいというところからKiss the Berryが始まったそうです。

大学を辞めてお店に専念することになり2013年にブリスベン市内に一店舗目をオープンさせることになったそうです。ブリスベンで初めてのアサイーボウルのお店だそうです。20歳の若さで自分でしっかりとしたコンセプトを持ちお店を始めたことを知りますますKiss the Berry のファンになりました。食材にもこだわっており、できる限り地元で品質の良いものにこだわっているそうです。添加物なども使わずにフレッシュで自然の食材を使うことにこだわっているようです。

私のお気に入りのメニューはBerry Good Low Sugarというもので、オーガニックアサイー、ブルーベリーにバナナ、ブルーベリー、グリークヨーグルト、パッションフルーツと活性化された蕎麦の実がトッピングになっています。さっぱりしていて真夏には特にいくらでも食べられそうです。

子供のお気に入りはスムージーでKissing Berries Smoothieでオーガニックアサイー、バナナ、イチゴ、リンゴジュース、Bee One Third Honey(ブリスベン近郊のハチの巣からとれたハチミツで以前ご紹介したBiomeでも販売されているハチミツ)が入っています。

その他にもChoc Mousseはオーガニックアサイー、バナナ、アボカド、ロウカカオパウダー、アーモンドミルク、Slim and tone macadamia pea proteinで作られていて乳製品不使用でビーガンの方でも楽しめるメニューもあります。知人でもビーガンや乳製品をあまりとらないようにしている人も結構いるのでKiss the Berryに行くとビーガンやグルテンフリーなどのメニューが多数あるのも嬉しいです。

季節限定メニューもいつも楽しみに通っています。機会があればオーガニックの蕎麦の実なども普通のスーパーなどで見かけるのでご紹介したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセレスマムをフォローしよう!


オーガニック・ナチュラルなサプリメントやサプリメントやおやつ・食品・化粧品を
アメリカから個人輸入できるECサイト・iHerb(アイハーブ)を
割引価格で購入するための使い方はこちらをクリック!

この記事を書いた著者

Daisy
オーストラリアのクィーンズランドで専業主婦をしながら2歳の娘の子育てに奮闘しています。オーストラリア人の主人と娘の健康、そして自分の健康のためにもなるべく体に良いものをと思い、オーガニックのものを使い始めました。オーストラリアにはオーガニックのスーパーやカフェが多数あります。カフェ巡りが大好きなので、家族でよく新しいカフェを探したりしています。またアロマなどにも興味があり、ゴールドコーストでマッサージセラピストとして活躍する知人にオススメのものを教えてもらったりしながら、自分なりに良いものを追求していきたいと思っています。
オーストラリアでのんびりとオーガニックのものを使った子育てをする体験をシェアしていけたらと思っています。

フェイスブックでコメントする

Return Top