セレスマム ceres mom

オーガニック・自然派ママ・プレママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン

Sierra Bees(シエラビーズ)日本未上陸・日本未発売ブランドと人気商品の紹介[iHerb]

Sierra Bees(シエラビーズ)日本未上陸・日本未発売ブランドと人気商品の紹介[iHerb]

iHerb(アイハーブ)で買える日本未上陸・日本未発売ブランドSierra Bees(シエラビーズ)についてご紹介していきます。

Sierra Beesは、iHerbのハウスブランド(自社ブランド)。ビーズワックス(ミツロウ)を中心にナチュラル・オーガニックな成分を配合したスキンケアアイテムを販売しています。USDA認証の製品が多く、エコフレンドリー・動物実験なし、生分解成分で使用。 硫酸塩、防腐剤、人工香料不使用です。

さらに、Sierra BeesはiHerbのハウスブランドのため、90日間リスクなくためせる100%返金保証がついてきます。そしてハウスブランドゆえにオーガニックのものであってもかなり安価。そのため、iHerbでも大人気の製品が多いのがこのSierra Beesの特徴です。

Sierra Beesで注意したほうがいいポイントは、人気の色付きリップなどはUSDA有機認証ではなく合成成分も配合されているということ、また、ピロリジジンアルカロイドという内服することで被害被害が指摘されたコンフリー入りのスキンケアアイテムもあるので気になる人は避けたほうがいいということです。

Sierra Bees iHerb売れ筋商品

Sierra Bees オーガニックリップクリーム(USDA認証)

Sierra Beesの人気商品はなんといってもUSDA認証のみつろうをベースにしたオーガニックリップクリームです。8本入りで800円程度=1本80円という格安の値段に驚かされます。様々な香りのものが一度にお試しできるバラエティーパックが1番人気です。プチプラながら、アルガンオイルやザクロオイルなど希少な成分もふんだんに使用しオーガニック精油も使っています。

Sierra Bees オーガニックリップクリーム バラエティーパック

Sierra Bees Bumpy Road Salve(軟膏)

Sierra Beesでは、バーム(軟膏)タイプの製品も人気です。こちらのBumpy Road Salveは、打ち身や肩こり用という珍しいバーム。また、口コミでは痔に効いたというものもありました。アルニカ、コンフリー、マヌカハニーなど高機能成分配合。注意点は、コンフリーが配合されているので、経口で体内に入るおそれのあるリップクリームや顔のスキンケアには絶対に使わないということです。17g入で426円。

Sierra Bees Bumpy Road Salve

Sierra Bees オーガニックリップクリーム(USDA認証)、ザクロ

Sierra Beesのザクロのオーガニックリップクリームは、いろいろな種類のあるSierra Beesのリップクリームの中でも特に人気の製品。オリーブオイル、ミツロウ、ヒマワリオイルとザクロのアンチエイジング効果と天然のフルーティーな香料で大人気の製品です。

Sierra Bees オーガニックリップクリーム、ザクロ

まとめ:Sierra Beesは日本ではまだまだ高額なオーガニックリップクリームやバームを格安で買える!成分には注意して

Sierra Beesでおすすめなのはなんといってもオーガニックリップクリーム。まだまだ日本では1本1000円近くするオーガニックリップクリームが、1本100円以下で購入できます。また、打ち身クリームはオーガニックのものは日本ではあまり手にはいらないのに安価なのでおすすめです。

注意点は、上述しましたがすべてのアイテムがUSDA認証のオーガニックコスメではないこと、若干リスクが懸念される成分(コンフリー)が配合されていることです。

iHerbでSierra Beesの製品を見る

他のiHerbで買える日本未上陸ブランドをチェックしてみる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセレスマムをフォローしよう!


オーガニック・ナチュラルなサプリメントやサプリメントやおやつ・食品・化粧品を
アメリカから個人輸入できるECサイト・iHerb(アイハーブ)を
割引価格で購入するための使い方はこちらをクリック!

この記事を書いた著者

セレスマム編集部
オーガニック・ナチュラル派ママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン・セレスマム(ceres mom)の編集チームです。ママと子どもがマイ・ベストオーガニックライフを見つけるための場となれるよう、国内外の情報をもとにオーガニックの定義と基準を明らかにし、特定の健康法や流派に偏らない情報発信を心がけています。

フェイスブックでコメントする

Return Top