セレスマム ceres mom

オーガニック・自然派ママ・プレママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン

35歳で水中分娩 mireiさんの体験談その2 [ナチュラルなお産 私の体験談]

35歳で水中分娩 mireiさんの体験談その2 [ナチュラルなお産 私の体験談]
セレスマムでは、「ナチュラルなお産 私の体験談」コーナーで、セレスマムのライターさんをはじめ、様々な方の通常の病院での出産以外の出産体験をご紹介しています。メインは、自宅出産や水中出産、助産院での医療介入のない出産体験談や、両方の出産を体験した方の体験談になります。
ただし、出産はどの出産であっても尊い奇跡であり、いわゆるナチュラルなお産をすることとオーガニックはイコールではありません(オーガニックについてはオーガニックの定義オーガニックの基準をお読みください)。
帝王切開やいわゆる普通の病院での分娩もまた神聖で貴重な経験であるとセレスマムでは考えており、お産に対しては一切の良否の判断を行いません。体験談の文章中の見解は、あくまでライターさんの個人の体験に基づく見解であることをご了承ください。
★mireiさん プロフィール
東京都在住の専業主婦です。2014年に長男を出産しました。2018年春より幼稚園に長男を通園させる予定で、お弁当作りはあるものの、やっと自分の時間も少し取れるかなというところです。私は結婚自体は2004年にしておりましたが、子供ができるまで共働きであったこともあり、妊活のスタートがかなり遅れました。2011年頃ようやく本腰を入れて妊活に励んだものの、すぐには授からず不妊治療も考えました。が、主人も私も元々オーガニックや自然食品、健康維持にとても興味があるタイプでしたので、人工的なアプローチでなく、自分達の身体の機能を高める自然食品や発酵食品、健康食品やごしんじょう療法、整体等を積極的に取り入れることで、妊娠する率を高めることにしました。結果、2013年にようやく待望の妊娠をするも妊娠9週目で稽留流産。翌2014年1月に再度妊娠し、同年11月に水中分娩にて長男を出産をしました。
[35歳で第一子を水中分娩で出産]

前回の記事からの続きです。

大病院Nは自宅から車で5分程度と近いところだったのと、金曜日の深夜だったので病院にはすぐに着きました。到着すると看護師さんがすぐに出てきてくれ、車椅子を持ってきてくれました。お医者さんにすぐに診てもらうと、“ここまで良く自宅で我慢していたね!もっと早く来ればよかったのに!痛みに強いんだね~。”と言われました。

以前妊婦検診で“あなたの家はこの病院に近いから、ぎりぎりまで自宅にいた方が、分娩がスムーズになるよ。病院にすぐに来ちゃうと、みんな安心しちゃって自力で産む力が弱まるんだよね。”と言われていたので、我慢し過ぎたのかもしれません。

しばらく診察室で我慢していると、実家の母が病院に到着しました。その後“そろそろ個室に移りましょう”とお医者さんに言われ、そのまま水中分娩の個室に移動しました。私の希望通り、主人は個室の外に出されました。母は着替えなどを手伝うため、個室に残りました。本当はたった一人で産むつもりでしたが、母にも外に出て欲しいという余裕もなく、そのまま居てもらいました。

個室はとても広く、向かって左に自然分娩の分娩台、右側に大きなアメリカのジャグジーの深いようなバスタブ、右奥にカーテンでしきりができるソファーがありました。淡いピンクを基調にしたインテリアで、精神が落ち着けるようなお部屋でした。

お部屋に入ると担当の女医さんに“分娩を担当します〇〇です。よろしくお願いいたします。”と挨拶をされました。説明会で言われた通り、その女医さん以外には誰もいませんでした。荷物をソファーに置き、カーテンの仕切りの中で下着も全部取りガウンを羽織り、分娩台に上がりました。陣痛が激痛でしたが我慢し、随時母がお水や甘いジュースなどをストローで与えてくれました。

時々子宮口を担当の女医さんが確認してくれ、いよいよ出産できる状態まで子宮口が開くと、“そろそろですね、ガウンを取ってプールに入りましょう”と言ってくれました。

ガウンを取るとすぐ女医さんが赤ちゃんと私の心電図を見る機械を、身体につけてくれました。心電図を見ながら、私達親子の安全を見守ってくれるのです。それをつけたままプールに入ると、ぬるま湯がとても心地よく、分娩台にいるより痛みが和らいだ気がしました。

水位は結構あり、私は身長165センチあるのですが、胸がちょっと出るくらいの高さまで水がありました。プールのへりにつかまりながら、ひたすら陣痛に耐えました。しばらくすると破水した感覚があり、一瞬“あ、水が綺麗なままだから、私の羊水は汚れていないんだな。良かった。”と変に冷静に考えたりもしました。

オーガニックでないヘアカラーをしたり、シャンプーをしたりすると経皮毒としてそれらが体内に入り、妊娠時は羊水が茶色くなったり泡だったりすると聞いたことがあったからです。そんな間も母は頭をなでてくれたり、一生懸命私を見守ってくれました。




その後しばらくするとお医者さんから“あ!赤ちゃんの頭が見えてきましたよ!はい、頑張っていきんで!”と言われて、痛いながらも必死に立ちながら何度もいきみました。

するとまもなく頭がぽんと出てきた感覚があり、その後もう一度いきむとするっと赤ちゃんが脚の間から両手を広げて出てきたのです。まるで鳥のように、自分の赤ちゃんが水中に羽ばたいて出てきたのがはっきりと見えました。“あ!生まれた!”と思った瞬間、女医さんから“すぐ赤ちゃんを抱きあげて!!”と言われて、慌てて水中から必死に赤ちゃんを抱き上げました。

その後女医さんに赤ちゃんを渡した瞬間、すぐに大声をあげて赤ちゃんが泣きだしました。“あ、良かった、ちゃんと息してる!”と安堵しました。 “おめでとうございます、元気な男の子ですよ。”とお医者さんから言われたとたん、心からほっとしました。

へその緒をお医者さんに切ってもらい、その後私はすぐプールから出て身体を拭き、体重を測り、分娩台に仰向けになりました。私の体重は産んだ時点で6.5kg減っていました。タオルを掛けてくれ、赤ちゃんは横でうずくまって体重や身長を測られていました。身長は53センチ、体重は3600g。出産予定日より10日も早く生まれたにも関わらず、かなり大きめな赤ちゃんでした。

その後私は、会陰の状態のチェックをされました。その時は、別の男性のお医者さんでした。“あ、ほとんど切れていないですね。1ミリ程度切れているくらいです。少し縫っておきますね。”と言われ、処置をしてもらいました。

処置が落ち着くと、お医者さんがカンガルーケアのため赤ちゃんを私の胸のところにそっと置いてくれました。まだ目がきちんと開いていないのに、一生懸命お母さんの胸を探す姿は、本当に愛おしかったです。まだ飲み方もわからないながらも、一生懸命胸に吸い付いていました。そこで初めて全てが落ち着いたので、主人を個室に呼びました。

母が“生まれましたよ。”と主人に伝えると、びっくりした様子で“もう生まれたの?!”と言われました。私は必死だったので時間を全然見ていなかったですが、お医者さんに“初産ですよね?超安産ですよ。陣痛からカウントして分娩時間は3時間49分です。”と言われ、私も驚きました。

余談ですが、会陰はほぼ切れなかったので、皆が”痛い痛い“と言っている中、一人円座を使わないで普通にベッドに座っていました。妊娠線も、妊娠初期からオイルを塗ってケアしていたせいか、一本もできていませんでした。また胸のマッサージを妊娠中きちんと指導通りに行っていたせいか、胸が石のようになるくらい出産後3日位から母乳が大量に出るようになりました。

入院中に会話した複数の看護師さんに驚かれ、“あなたはこんなに安産で母乳も大量に出て、赤ちゃん大きく健康に生まれて、一体どんなことをしたの?”と聞かれるほどでした。

私は水中分娩を選択して、本当に良かったと思っています。普通の自然分娩をしたことがないので比較はできませんが、母体のダメージが格段に下がると思います。また、水中分娩には会陰切開や陣痛促進剤の使用も、麻酔もありません。赤ちゃんを安全になるべく自然な形で産みたい方には、是非お勧めしたい分娩法です。

※harukinさんの前回の出産体験についてはこちらの記事に書いています。

35歳で水中分娩 mireiさんの体験談その1 [ナチュラルなお産 私の体験談]

※その他のオーガニック・ナチュラル派ママの出産体験談はこちらから読めます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセレスマムをフォローしよう!


オーガニック・ナチュラルなサプリメントやサプリメントやおやつ・食品・化粧品を
アメリカから個人輸入できるECサイト・iHerb(アイハーブ)を
割引価格で購入するための使い方はこちらをクリック!

この記事を書いた著者

セレスマム編集部
オーガニック・ナチュラル派ママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン・セレスマム(ceres mom)の編集チームです。ママと子どもがマイ・ベストオーガニックライフを見つけるための場となれるよう、国内外の情報をもとにオーガニックの定義と基準を明らかにし、特定の健康法や流派に偏らない情報発信を心がけています。

フェイスブックでコメントする

Return Top