セレスマム ceres mom

オーガニック・自然派ママ・プレママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン

なかほら牧場グラスフェッドバターのレビュー・感想・口コミ

なかほら牧場グラスフェッドバターのレビュー・感想・口コミ

なかほら牧場は、岩手県下閉伊郡の中山間部で牧草牛(グラスフェッド牛)を育てている有名な放牧牛の酪農場です。2018年1月末には満点☆青空レストランや日本テレビの特番・サンバリュ「世界でたったひとつのプレミアムテスト」という番組で食通で有名なV6 長野博さんが紹介したことで一気に人気が沸騰しています。なかほら牧場のグラスフェッド牛の乳製品の中でもひときわ人気なのが、現在3ヶ月待ちというグラスフェッドバターです。今回はこのグラスフェッドバターをご紹介します。

なかほら牧場のグラスフェッドバターを公式サイトで見る

なかほら牧場のグラスフェッドバターは、日本で買える数少ないグラスフェッドバターの一つです。広々とした牧草地のない日本で、中山間部を利用した山地酪農によって牧草牛を育てています。そして、この山地酪農は、ただ美味しくて安心安全なグラスフェッドの乳製品であるというだけではなく、山林再生や動物福祉にもつながっています。「幸せな牛から美味しい牛乳」がコンセプトのなかほら牧場の製品は、決して日常使いできる価格ではないですが、特別な機会には是非食べていただきたいです!

なかほら牧場は、日本では数少ない放牧による酪農牛飼育を行っている牧場 グラスフェッドの牛乳が楽しめる

なかほら牧場は、ここ最近テレビ放映が続いていてかなり注目されていますが、日本では数少ない放牧による酪農牛飼育を行っている牧場です。24時間365日、畜舎に牛を戻さない通年昼夜型放牧、自然交配、自然分娩というのは、同じグラスフェッドの牧場の中でもかなり自然に近いかたちでの飼育をしている牧場です。なかほら牧場は1984年から創立されたので今は30年以上経ちますね。

なかほら牧場のYoutube動画を貼り付けておきますね。牛さんたちが育っている環境が見えますよ。

ちなみに私は、以前10年近くまえのオーガニックメッセでなかほら牧場の牛乳を試飲したような記憶があります。当時は牛乳ってそれほど人気でもなかったし、グラスフェッドの価値が日本ではそれほど正しく伝わっていなかった時期でしたが、本当に美味しくてびっくりしたことは覚えています。




なかほら牧場で行われている山地酪農(やまちらくのう)とは?

さて、なかほら牧場の牛たちはグラスフェッドなのですが、海外の広大な草原で育てられる酪農とは違って、日本の山がちな国土を活かした山地酪農という方法で育てられています。これは、なかほら牧場の牧場主の中洞正さんが師事していた東京農業大学の猶原恭爾教授が提唱した日本の風土にあった酪農らしいのです。詳細は、中洞さんのご著書などでも紹介されていますし、こちらのYoutube動画でも語られています。

上記でちらっと触れましたが、なかほら牧場の山地酪農は山林再生につながるという話を書きましたが、そのメカニズムを説明します。

山にウシを入れると、背の高い草も下草もウシに食べられたり踏みつけられたりして消えていきます。その後に生えてくるのは、生命力のつよい野シバだそうです。

野シバの草地は、株化する牧草とちがって匍匐茎(ほふくけい)でドンドン広がります。20~30センチにもなるつよい根っこのマットで土をしっかりと抱え込んで、ちょっとやそっとの大雨では崩れない“つよい山”をつくります。化学肥料も不要ですから、土の中の生きものが死ぬこともありません。輸入飼料も要らなくなりますから、酪農が本当の“国産農業”になるのだと。すごいですね、山地酪農! 日本の未来の酪農ではないかと思いました。

なかほら牧場の製品は、全製品ケミカルフリーでオーガニック! 砂糖不使用などこだわりも。使っている製品もオーガニック・無農薬にこだわっています

ちなみに、なかほら牧場ではプリンやアイスクリームなど加工品を作っていますが、それらの製品はすべて完全なケミカルフリー、つまり化学的添加物ゼロだそうです。

その理由は、エサと飼い方でせっかく健康な母ウシを育てても、製品づくりの段階でいろんなものを入れたら、山地酪農で頑張る意味がなくなるからだとか。甘味料は自然派に人気の高いアガベシロップ。抹茶やリンゴジュースなど、コラボ食材も自然栽培品・農薬不使用品をつかっているそうですよ。

オーガニック派にはとても嬉しいこだわりです!

なかほら牧場の大人気製品、グラスフェッドバター(無塩)を実際に食べた感想・口コミ・レビュー

前置きがついつい長くなりましたが、なかほら牧場のグラスフェッドバターを実際に食べた感想を口コミしていきますね。
なかほら牧場のグラスフェッドバターは、牛乳やアイスクリーム、プリンなどを作っているなかほら牧場の製品の中でも常に上位にランクインする人気製品です。


※↑2018年3月12日現在では、グラスフェッドバターは2位ですね!

1個あたり93gで2160円という価格なので、流石に毎日は食べられないんですが、どうしても欲しくて購入してみました。

↑こんなふうに箱に入っていますので、プレゼントやギフトにもできますよ。

中身はこんなかんじです。写真の色が分かりづらいですが、結構黄色みがかっています。

届いたばかりのちょっと凍っている状態でしたので少ししか削り取れていないですが、冷蔵庫に入れておくと柔らかくなり、スプーンですぐにすくえる柔らかいバターです。

実際に食べてみた感想ですが、これがもう、ふわっとしていて美味しい!! 派手に目立つ味ではないのですが、奥行きがあって濃厚。何より香りのようなものが感じられて、バターってこんなに美味しいの?とびっくりする味です。普段のバターに関しても味はしますが、香りまでは感じられないのですが、なかほら牧場のグラスフェッドバターからは香りがします。とても良い香り。これが牧草の香りなのでしょうか?

ちなみに我が家では、糖質制限の三島塾で薦められていたように子供にときどきバターを食べさせていますが、2歳半のうちの子もこのバターが美味しかったみたいで、このバターがあったときは、何度も食べたいとおねだりしました、笑 子どもは正直ですのでかなり美味しかったんだと思います。

これ単体でなめても美味しいですが、もちろんパンに塗って食べても美味しかったです。これを毎日食べられたらどれだけ幸せだろう!と思ってしまいました。

以前、海外のオーガニック系バターを食べたことはあります。そちらも美味しかったものの、なんというか味が濃すぎて日本人好みではないなと思うものもありました。その点、国産で日本の風土から生まれたバターだからなのでしょうか? なかほら牧場のグラスフェッドバターは本当に美味しいと感じました。

私は日テレを見ていないのですが、V6の長野博さんがすすめたグルメ製品は後々ヒットになることが多いということですが・・・確かになかほら牧場の乳製品はすごいですね。

たった93gで2160円という金額なので、絶対に我が家では常備できませんが、折りに触れ食べたくなるお味です。ここまで美味しいので、普段は飲まないですが牛乳やプリンなども気になってきました。




なかほら牧場の製品が買えるのはどこ?

ちなみに、2018年1月末のテレビ放映後から一気になかほら牧場の製品が品薄になったらしく、今回ご紹介したグラスフェッドバターは公式サイトでは3ヶ月待ちになってしまいました。ですが、通販ショップや実店舗では在庫があるところもあるようですので以下、チェックしてみてください。※調べられる限りのところを調べてみましたが、もしかすると漏れているかもです。

なかほら牧場の製品を扱っている実店舗

アイスクリームなどネットで購入できない製品はこちらの実店舗で買えるみたいです。

松屋銀座本店
東武百貨店池袋店
JR名古屋タカシマヤ
星が丘テラス ザ・キッチン

ちなみにネットショップですが、一部店舗ではなかほら牧場の製品を在庫で持っているところがあります。私がグラスフェッドバターを購入したのもなかほら牧場のオンラインショップではなく、フスボンというオーガニックの糖質制限パンを販売しているお店でした。

フスボン

今は品薄になっていますが、どうしてもほしい!という方は、実店舗やなかほら牧場の公式サイト以外のお店をチェックしてみてくださいね。

なかほら牧場のグラスフェッドバターを公式サイトで見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセレスマムをフォローしよう!


オーガニック・ナチュラルなサプリメントやサプリメントやおやつ・食品・化粧品を
アメリカから個人輸入できるECサイト・iHerb(アイハーブ)を
割引価格で購入するための使い方はこちらをクリック!

この記事を書いた著者

ガブ
オーガニック・ナチュラル製品が大好きな30代兼業主婦。2015年に第一子(息子)を出産。色々な商品をお試ししてレビューを書いたりするのが趣味でレビューブログも運営している。約4年にわたるレビューブロガー修行でお試しした商品数実に100を超える。こだわりの商品に出会うとついつい情熱的に語りたくなる癖がある。

フェイスブックでコメントする

Return Top