セレスマム ceres mom

オーガニック・自然派ママ・プレママのための妊娠・出産・子育て情報ウェブマガジン

産後のためにも試したい! マタニティヨガの効果

産後のためにも試したい! マタニティヨガの効果

妊娠中、お腹が大きくなってくると体を動かすのがしんどくて段々と運動不足になってしまったり、初めての妊娠だと運動は良くないんじゃ…?なんて心配になって体を動かすことから遠のいてしまいがち。でも妊娠中こそ、鍛えておいたほうがいい筋肉がありますし、出産に備えて体作りをしておけば出産も産後のハードな子育て期間も大分楽になります。
とはいえ、激しいランニングなどは妊婦さんには確かにきついですよね。そこで注目されているのがマタニティヨガ。今回は妊婦さんの体の変化も踏まえて、マタニティヨガがどう作用するのかをみていきます!

妊娠期、妊婦さんの体はどう変わる?

妊娠が成立してから出産までの間、女性の体はめまぐるしく変化します。これは人の体が一生のうちに体験する変化のなかでも相当大きいものと言っていいでしょう。たった1年の間にここまで骨格が動くことってなかなかありません。妊娠中に変化する部分としては、ホルモン分泌量の変化、子宮が大きくなる生殖器の変化に併せて、圧迫されて泌尿器や消化器が移動する内蔵の変化、骨格の変化や血液量の変化、ほかにも体温、代謝、血圧の変化など、ざっとあげるだけでも本当に沢山あります。

個人差はあるとはいえ妊婦さんに共通するのが、お腹が大きくなって骨格が変わる&リラキシンという子宮頸部を軟化させるホルモンによって、骨盤周りの靭帯が緩みやすくなるということ。

これによって、妊娠前とは姿勢が変わってしまい腰などに負担がかかるため、特に体重が増える安定期頃から腰痛、仙骨痛、恥骨痛などを訴える妊婦さんがとても多いのです。

私自身、妊婦さん向けのアロマトリートメントなどを行っていましたが、やはりほとんどの妊婦さんのお悩みはまず腰痛、腰への負担に連動して起こる首肩の凝り、ホルモンバランスが変化して水分代謝が低下したり鼠蹊部が圧迫されることによる下半身のむくみなどでした。

でもつらい腰痛やむくみも、妊娠のしくみがわかってしまえば、なんだそういうものかーと納得しますよね。そして原因が分かっているなら、ある程度対策もできるもの。ではマタニティヨガはその対策になるのでしょうか?

マタニティヨガとはどんなヨガ?

近年多くみられるようになったマタニティヨガは、妊婦さんが無理なく行えることと、妊娠中の健康な体作りを意識して作られたヨガです。

基本的な呼吸法などは普通のヨガと変わりませんが、妊婦さんに負担のかかるようなポーズは省いて、気持ちよく体を伸ばして整えることにフォーカスしているものが多いと思います。一般的には逆転ポーズやうつぶせは省き、立って行うポーズも少なくマットの上でゆったりと行うものが多い気がします。むくみや腰痛、尿漏れなどのマイナートラブルに加え、不安やイライラを感じる事もある妊娠中のメンタルの安定のために行うものでもあります。

ヨガの呼吸は、実際出産の時に呼吸を整えるのにも役立ちます。また妊婦さんは安定期以降お腹が大きくなって内蔵が圧迫され息苦しさを感じる事が多いのですが、元々ヨガや呼吸法で内蔵が柔らかい人はこの息苦しさが比較的軽いというのを妊婦さん専門の整体師さんが仰っていました。

呼吸とポーズのストレッチ効果で妊婦さんの体と心を調整してくれるのがマタニティヨガなんですね。最近ではマタニティヨガに続いて産後調整ヨガまでも行っているスタジオなどもあります。出産前から出産後までの体の変化を楽なものにしてくれるマタニティヨガ。もちろん個人差はあるので一概ではないですが、私の知人の体験談ではマタニティヨガに通って逆子が元に戻ったなんていうエピソードもありました。




マタニティヨガはどう始めるのがいい?どこを鍛えるのが効果的?

最近ではマタニティヨガの本やDVDも出ていたりして自宅でも気軽に試せるようになってきていますが、もしヨガ自体あまり経験がない方であれば、私は最初はスタジオに通う事をオススメします。

そのほうがポーズの小さなズレなどあっても先生に見てもらえますし、クラスでは毎回違った情報が得られたり体調の相談ができたりもするので、日々体調の変化がある妊婦さんにとっては安心でしょう。ヨガスタジオはもちろんですが、スポーツジムなどでマタニティヨガのクラスを行っているところもあるようですので、マタニティ専門のスタジオでなくても妊婦さん向けのクラスがないかチェックしてみるといいと思います。

マタニティヨガクラスも先生によって様々ですが、妊婦さんの体の変化を考えると、やはり重い体を支えて出産の時に踏ん張る力が必要なので足腰の筋肉を程よく鍛え、骨盤周りを調整していくことが大切になってきます。特に骨盤庭筋群は重い子宮を支え、妊娠時にぐーっと伸ばされて出産後は急激に縮むという出産で負担のかかる筋肉。妊娠期から柔軟に保ちヨガなどで動かしておくことによって、産後の戻りも早くなるので尿漏れなども防げます。

マタニティヨガの先生によっては呼吸法や瞑想に重きをおくクラスもあるでしょう。これも、健康なマタニティライフを送るためにとっても重要なこと。妊娠によってライフスタイルが変わってガマンしなくてはいけないことも増え、出産と出産後の子育て、はたまた出産後は仕事に復帰できるのか…?など妊婦さんならではの精神的な不安って色々とあると思います。

私が以前、妊婦さん向けのマッサージセミナーに参加した時に”実際に出産経験のある方々が妊娠中に何がつらかったか?”という意見を集めたのですが、つわりや腰痛、むくみや便秘などの物理的な症状に加えて、”妊娠中、ホルモンバランスの変化のせいで妊娠前はこなせていたような仕事がこなせなくなったこと”、”集中力が弱まって勉強や細かい字を読むのもつらかった…”、”妊娠を機に仕事を辞めたので、社会から離れていく不安を感じた”などの声がとても多かったのです。

妊娠中は胎児を育てることに体のエネルギーが使われますから、そのぶん難しいことが考えられなくなるのは自然なこと。妊娠中の人間の体は胎児を守ることにまず意識がいくようになっている証拠、とも言えるでしょう。でも妊娠前にバリバリ働いていた女性なら葛藤を抱える事もあると思います。そんな不安定なメンタルにもヨガの呼吸法や瞑想で気持ちを落ち着けることはとてもいいでしょう。

出産に向けてパートナーとの良好な関係を築くためにも、マタニティヨガで体だけでなくメンタルのケアもしておきたいですね!

妊娠期の体の変化に敏感になることで出産を楽に

いかがでしょう?マタニティヨガを試してみたくなりましたか?
実際に行う際は安定期頃に担当の医師に相談してから、信頼できるインストラクターさんなどのいる安全な環境で始めてくださいね。

妊娠期に適度に体を動かす事によって得られるメリットは、自分の体の変化に敏感になれるということでもあります。しっかり自分の体の変化を見つめて不調も原因がわかれば、漠然とした出産に対する不安も和らぐし出産が楽しみになるのでは。素敵な出産体験のためにマタニティヨガ、ぜひ試してみてくださいね!

マタニティヨガの他にも、妊娠中のプレママのケアにはアロマやハーブがおすすめです。こちらの記事では、アロマやハーブでメンタルとボディのケアを両方叶える方法を書いていますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセレスマムをフォローしよう!


オーガニック・ナチュラルなサプリメントやサプリメントやおやつ・食品・化粧品を
アメリカから個人輸入できるECサイト・iHerb(アイハーブ)を
割引価格で購入するための使い方はこちらをクリック!

この記事を書いた著者

オーガニックセラピストMiki
2006年からマッサージセラピストとして都内のタレント、著名人が数多く通う某有名スパに勤務。在職中にアロマセラピーの知識を身につけタイでタイ古式マッサージのライセンスも取得。その後独立しスイスやオーストラリアでの海外在住中に現地でもセラピストとして従事。帰国後は都内を中心にフリーセラピストを続けつつ英語で教えるキッズヨガ講師としても活動。マタニティ、キッズのいるママさん向けの出張施術に力を入れていた東京での数年を経て、現在は湘南在住。海の近くで暮らしながら外資系のアロマセラピーブランドにてオーガニックの精油やコスメの販売に携わっている。

フェイスブックでコメントする

Return Top